NPO法人おきなわグリーンネットワーク
〒901-0011 沖縄県那覇市上之屋314-2 サンメディアビル3F
TEL 098-943-3223 FAX 098-988-0788 Mail:info@okinawagreen.net

boshukatsudou_head.jpg

平成29年度の活動実績

緑肥播種作業・ドローン活用情報交流会

 県内各地域で活動する農業環境コーディネーター、関係者を対象に裸地農地での緑肥播種作業(緑肥カバークロップ・ミツバチプロジェクト)及び赤土等対策へのドローン活用の情報交流会を行いました。
 緑肥作物(ひまわり、コスモス、ヘアリーベッチ等6種類)を農地に緑肥播種し、農業環境コーディネーターに実際にドローンを操作、動画及び画像を撮影してもらい、情報交流会では、撮影した動画や画像等を見ながら今後の活用について情報交流や次年度に向けての検討を行いました。
 今後は、播種した緑肥の開花に合わせて、農業環境コーディネーターと地域の子どもたちや住民とともにイベント開催を予定しています。
【日 時】平成29年10月26日(木)10:30~16:00
【場 所】①緑肥作業 裸地農地  恩納村字瀬良垣1979番地 
     ②ドローン操作実技   まんざ公園  
     ③ドローン活用等情報交流会 恩納村役場2F会議室
【参加人数】15人(恩納村役場農林水産課、農業環境コーディネーター、県衛生環境研究所ほか)
●緑肥播種作業・ドローン操作実技等の様子
DSCF1116.JPGDSCF1575.JPGDSCF1588.JPGDSCF1601.JPGDSCF1608.JPGDSCF1611.JPG

東村修学旅行グリーンベルト植栽活動体験

 NPO法人東村観光推進協議会、東村赤土等流出防止対策地域協議会との協働により、神奈川県相模原中等教育学校5年次の修学旅行学習体験プログラムの一環として、農地でのグリーンベルト植栽活動を行いました。
 植栽活動前にミニ講座を行い、沖縄の赤土等流出の現状と取組、対策の手法等について学んでいただきました。
 今回は、地域が一体となった観光体験プログラムと連携した赤土対策とサンゴ礁保全の新たな取組による環境保全活動の普及への活動となりました。
【日時】平成29年10月19日(木) 10:00~11:45
【場所】東村慶佐次地区パイン農地
     ・Googleマップ座標 26°36'43.0"N 128°07'33.8"E
【植栽内容】30~40cmピッチ 一条植え 農地周り約150m
      ベチバー400束を植栽
      植栽圃場面積:約0.5㌶
【参加人数】46人(神奈川県相模原中等教育学校5年次40人、NPO法人東村観光推進協議会、
      農業環境コーディネーターほか)
●グリーンベルト植栽活動等の様子
DSCF1543.JPGDSCF1544.JPGDSCF1547.JPGDSCF1552.JPGDSCF1554.JPGDSCF1556.JPG

県立北部農林高校 グリーンベルト植栽活動

 平成29年10月11日に行った北部農林高校出前講座の行動へ繋げる取組として、沖縄県立北部農林高校林業緑地科2年を対象に、名護市伊差川農地で赤土等流出防止対策の一つであるグリーンベルト植栽活動を行いました。
 今回は、県立中部農林高校3年生、県立南部農林高校2年生、沖縄県北部農林水産振興センターの方々も参加し、地域の人材育成と地域が一体となった協働によるグリーンベルト対策活動となりました。
【日時】平成29年10月18日(水)13:55~15:45
【場所】名護市伊差川1183-1番地 名護市伊差川農地(学校から20分)
     ・Googleマップ参照座標 26°36'01.4"N 128°00'51.7"E 
【植栽内容】25cmピッチ 一条植え 農地周り約300m
      ベチバー1,200束を植栽
      植栽圃場面積:約0.5㌶
【参加人数】60人(北部農林高校林業緑地科2年生33人、先生2人、中部農林高校3年生、
    南部農林高校環境創造科2年生、行政関係者、地域農家、農業環境コーディネーターほか)
●グリーンベルト植栽活動の様子
DSCF1491.JPGDSCF1504.JPGDSCF1510.JPGDSCF1511.JPGDSCF1517.JPGDSCF1533.JPG

恩納村協働取組グリーンベルト植栽活動 山田小学校ほか

 沖縄県恩納村において、農地からの赤土流出防止対策グリーンベルト植栽活動を行いました。
 恩納村農林水産課及び恩納村赤土等流出防止対策地域協議会、恩納村立山田小学校などとの協働により、地域が一体となった赤土等流出防止対策の取組となりました。
 参加した山田小学校5年生には、沖縄美ら島財団の「エコクーポン券」を差し上げ、さらにRBCテレビの番組でも取り扱うことになりました。
【日時】平成29年10月12日(木)9:40~12:20
【場所】恩納村真栄田地区サトウキビ農地(山田学校から8分)
     ・Googleマップ座標 26°26'33.4"N 127°46'17.4"E 
【植栽内容】25cmピッチ 二条植え 農地周り120約m
      ベチバー1,000束を植栽
      植栽圃場面積:約0.3㌶
【参加人数】55人(恩納村農林水産課、恩納村赤土等流出防止対策地域協議会、地域農家、
      恩納村立山田小学校5年1組24人、RBCビジョンほか)
●グリーンベルト植栽活動の様子
DSCF1387.JPGDSCF1430.JPGDSCF1445.JPGDSCF1452.JPGDSCF1458.JPGDSCF1467.JPG

県立北部農林高校 出前講座の実施

 沖縄県立北部農林高校林業緑地科2年生の生徒たちを対象に、農地からの赤土等流出に関する出前講座を行いました。
 赤土等流出の仕組み等の基礎学習や地域での赤土流出対策の活動事例を紹介し、赤土等流出防止対策をとおした沖縄県北部地域の自然環境の保全と地域自然の大切さ、地域のくらしとの関わりを考える取組となりました。
 翌週には学習から行動へ繋げる取組として、農地でのグリーンベルト植栽活動も行います。
【日 時】平成29年10月11日(水)14:55~15:45 50分間
【場 所】沖縄県立 北部農林高校 視聴覚室
【対象学年】沖縄県立 北部農林高校 林業緑地科科2年生
【参加人数】生徒33人、先生2人ほか合計39人
●出前講座の様子
DSCF1338.JPGDSCF1342.JPGDSCF1349.JPGDSCF1358.JPGDSCF1363.JPGDSCF1368.JPG

●県立南部農林高校 出前講座・グリーンベルト植栽活動

 沖縄県立南部農林高校環境創造科2年生の生徒たちを対象に、糸満市地域農業環境コーディネーターと高校の協働により、農地からの赤土等流出に関する環境学習とグリーンベルト植栽活動を行いました。
 出前講座では、赤土等流出の仕組みと対策の手法等、基礎学習と、糸満市農業環境コーディネーターによる地域での赤土流出対策の活動事例を紹介し、その後、糸満市の農地で赤土等流出防止対策の一つであるグリーンベルト植栽活動を行いました。
 学習から行動へ繋げる取組を学ぶことで、地域の人材育成を含め地域が一体となった持続的な赤土流出防止対策の重要性を考える学習となりました。

出前講座

【日 時】平成29年9月21日(木)11:10~12:00 50分間
【場 所】沖縄県立南部農林高校 課題研究室
【対象学年】沖縄県立 南部農林高校環境創造科2年生
【参加人数】生徒10人、先生2人、糸満市農業環境コーディネーター2人ほか合計17人
●出前講座の様子
DSCF1171.JPGDSCF1172.JPGDSCF1185.JPGDSCF1187.JPGDSCF1190.JPGDSCF1192.JPG

グリーンベルト植栽活動

【日時】平成29年9月21日(木)13:00~15:30
【場所】糸満市喜屋武農地改良地区内 サトウキビ農地
     ・Googleマップ参照座標 26°04'55.7"N 127°40'04.2"E 
【植栽内容】10~15cmピッチ 一条植え 農地周り90約m
      ベチバー600束を植栽
      植栽圃場面積:約0.3㌶
【参加人数】17人(県立南部農林高校環境創造科2年10人、地域農農業コーディネーターほか)
●グリーンベルト植栽活動の様子
DSCF1196.JPGDSCF1199.JPGDSCF1205.JPGDSCF1206.JPGDSCF1217.JPGDSCF1234.JPG

●恩納村山田小学校出前講座

 沖縄県環境部環境保全課 平成29年度赤土等流出防止活動支援事業による委託業務の一環で、恩納村立山田小学校5年生24人を対象に出前講座を行いました。
 出前講座は、恩納村地域の赤土等の大切さと地域自然、農業・漁業、くらしとの関わり、赤土等流出防止対策の地域の活動を学習し、環境保全活動と恩納村地域の将来を考える環境学習となりました。
 今回子どもたちには「“美ら島・美ら海”キッズ初級」の認定証とオリジナルクリアファイルを進呈しました。
【日 時】平成29年9月19日(火) 14:20~16:00
【場 所】恩納村立 山田小学校 理科室
【対象学年】恩納村立 山田小学校5年生
【参加人数】 生徒24人、先生1人、関係者12人 合計37人
【運営事務局】 株式会社 沖縄環境保全研究所
●出前講座の様子
DSCF1118.JPGDSCF1126.JPGDSCF1131.JPGDSCF1134.JPGDSCF1142.JPGDSCF1156.JPG

●琉球大学依頼 ベチバーでのグリーンベルト植栽活動講師

 琉球大学農学部からの依頼で、沖縄県南部地域女性農家組織「みなみの味グリーン・ツーリズム」の研修会において、赤土対策の協働取組の活動報告に関する講師を務めました。
 研修会では、琉球大学農学部諏訪先生によるハーブのオイル抽出についての講演の後、レモングラス、ベチバー、レモンユーカリのオイル抽出作業も行いました。
【日 時】平成29年9月15日(金)13:30~16:00
【場 所】沖縄県南部農業改良普及センター会議室
【参加人数】女性農家約20人
●研修会の様子
DSCF1084.JPGDSCF1088.JPGDSCF1092.JPGDSCF1086.JPGDSCF1094.JPGDSCF1097.JPG

●東村 JICA研修植栽活動の実施

 NPO法人おきなわ環境クラブが実施するJICA研修(インドネシア研修生)において、NPO法人東村観光推進協議会、東村赤土等流出防止対策地域協議会との協働により、民泊体験のプログラムとしてインドネシア研修生9名が参加し、グリーンベルト植栽活動を行いました。
 植栽前にミニ講座を行い、沖縄の赤土等流出の現状及び対策活動、対策手法と東村での協働の取組などについて理解を深めてもらいました。
【日時】平成29年9月13日(水)14:50~16:30     
【場所】東村平良地区野菜農地
       Googleマップ座標 26°37'52.2"N 128°08'40.0"E
【植栽内容】30cmピッチ 二条植え 農地周り約40m
      ベチバー250束 植栽圃場面積:約0.3㌶
【参加人数】17人(JICA研修生(インドネシア研修生)9人、NPO法人おきなわ環境クラブ、
      NPO法人東村観光推 進協議会、東村赤土等流出防止対策地域協議会ほか)
●グリーンベルト植栽活動等の様子
DSCF1063.JPGDSCF1068.JPGDSCF1069.JPGDSCF1072.JPGDSCF1076.JPGDSCF1080.JPG

●本部町立 上本部小学校出前講座の実施

 沖縄県環境部環境保全課 平成29年度赤土等流出防止活動支援事業による委託業務の一環で、本部町立上本部小学校4年生30人を対象に出前講座を行いました。
 出前講座は、本部町地域の赤土等の大切さと地域自然、産業、くらしとの関わり、赤土等流出防止対策の地域の活動を学習し、環境保全活動と自然豊かな本部町地域の将来を考える環境学習となりました。さらに、今回の出前講座は、本部町赤土等流出防止対策地域協議会と協働チームとして子どもたちに「“美ら島・美ら海”キッズ初級」の認定証とオリジナルクリアファイル、文具セットを進呈しました。 
【日 時】平成29年8月31日(木)10:40~12:20 3校時~4校時
【場 所】本部町立 上本部小学校理科室
【対象学年】本部町立 上本部小学校4年生
【参加人数】 生徒30人、先生1人、保護者4人、関係者10人
【運営事務局】株式会社 沖縄環境保全研究所
●出前講座の様子
DSCF0897.JPGDSCF0903.JPGDSCF0915.JPGDSCF0938.JPGDSCF0942.JPGDSCF0934.JPG

●糸満市赤土イベントへの参加

 沖縄県環境部環境保全課主催で糸満市で開催された「赤土&クチャdeフェスティバルin糸満市~2017」に赤土キャンドルづくり体験及び赤土検定体験でイベントに参加しました。
 赤土キャンドルづくり体験は250人、赤土検定体験は120人の親子に体験していただきました。
【日 時】平成29年8月19日(土)13:00~17:00
【場 所】糸満市西崎 糸満市総合体育館
【イベント来場者数】約500人
●赤土イベントでの体験の様子
a-ren-1.jpga-ren-2.jpgDSCF0813.JPGDSCF0814.JPGDSCF0821.JPGDSCF0822.JPG

●農家向けセミナーの開催

 今帰仁村赤土等流出防止営農対策地域協議会との共催により、農地の土壌保全と作物の収量向上等、農家向けに有用な情報を発信することで対策普及の促進と地域農業の活性化を目指し行いました。
 セミナー講師には、土壌医である沖縄農業技術開発株式会社代表吉田氏と雪印種苗株式会社次長立花氏に講話をしていただきました。
【日 時】平成29年8月10日(木)14:00~16:00
【場 所】今帰仁村コミュニティーセンター2F 今帰仁村字仲宗根23-2番地
【参加人数】13人(7地域農家及び農業環境コーディネーター、今帰仁村役場担当者、県営農支援課ほか)
●農家向けセミナーの様子
DSCF0726.JPGDSCF0728.JPGDSCF0730.JPGDSCF0732.JPGDSCF0734.JPG

●赤土対策に向けた技術見学会の開催

 地域で活動する農業環境コーディネーター及び行政担当者、地域農家などを対象に農地に於ける新たな技術等の見学会を名護市農家及び施工業者と協働により行いました
 技術見学会等の内容は、重機による心土破砕及び弾丸暗渠による農地の排水性や保水性を向上させて収量の向上と湿害の改善、さらに土壌保全という対策と農家さんのメリットを構築するという目的で行いました。
【日 時】平成29年8月4日(金)13:30~16:00
【場 所】沖縄県名護市伊差川 野菜農地
【参加人数】19人(7地域農家及び農業環境コーディネーター、役場担当者、県衛生環境研究所ほか)
●技術見学会の様子
DSCF0682.JPGDSCF0687.JPGDSCF0689.JPGDSCF0698.JPGDSCF0701.JPGDSCF0705.JPG

●環境省事業 おきなわ地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト第1回協議会開催

 沖縄県の赤土等流出防止対策に向けて、恩納村にて地域や県行政30人が参加した協議会を開催しました。
 協議会は、農業環境コーディネーター、地域漁協、県営農支援課、水産課、環境再生課等横断的な協議や意見交換を行い、沖縄の“美ら島・美ら海” を未来へ繋げるスタートとなりました。
【日 時】平成29年7月28日(金)14:00~16:30
【場 所】恩納村ふれあい体験学習センター ふれあい教室
【参加人数】30人(7地域農業環境コーディネーター、地域漁協、県営農支援課、水産課、環境再生課ほか)
●第1回協議会の様子
DSCF0669.JPGDSCF0670.JPGDSCF0665.JPGDSCF0666.JPGDSCF0668.JPGDSCF0667.JPG

●東村での東京海洋大学との協働によるグリーンベルト植栽活動の実施

 東村において、東京海洋大学海洋科学部との協働による民泊グリーンベルト植栽活動体験を実施。
 東京海洋大学海洋科学部の調査実習と地域貢献活動として、民泊体験のプログラムとして農地からの赤土等流出防止対策「グリーンベルト植栽活動」を行いました。
 翌日には、学生と東村関係者とのディスカッションも実施、民泊と赤土対策、海への影響などについて意見交換を行いました。
【日時】平成29年7月20日(木)13:30~16:00
【場所】東村平良地区農地
       Googleマップ座標 26°37'16.2"N 128°08'38.7"E
【植栽内容】20cmピッチ 一条植え 農地周り約200m
      ベチバー1,000束 植栽圃場面積:約0.43㌶
【参加人数】16人(東京海洋大学海洋科学部学生ほか11人、地域農家2人ほか)
●グリーンベルト植栽活動等の様子
DSCF0609.JPGDSCF0601.JPGDSCF0587.JPGDSCF0591.JPGDSCF0626.JPGDSCF0635.JPG

●沖縄県立辺土名高校環境科出前講座の実施沖縄県立辺土名高校環境科出前講座の実施

 環境省及び沖縄県環境保全課の事業により、県立辺土名高校環境科1年生22人を対象に出前講座を行いました。
 出前講座は、地域の赤土等の大切さと地域産業、くらしとの関わり、赤土等流出防止対策の地域の活動を学習し、環境保全活動と
 大宜味村地域の自然環境と将来を考える環境学習となりました。 
【日 時】平成29年7月13日(木)13:50~14:40
【場 所】沖縄県立辺土名高校 理科室
【対象学年】沖縄県立 辺土名高校環境科1年生
【参加人数】 生徒22人、先生3人、大宜味村農業環境コーディネーター1人ほか合計28人
●出前講座の様子
DSCF0501.JPGDSCF0506.JPGDSCF0533.JPGDSCF0528.JPGDSCF0536.JPGDSCF0540.JPG

●株式会社かんぽ生命保険より寄付金100万円を頂きました!

 環境保全支援への寄付金として100万円を頂きました。
 この寄付金は県立辺土名高校などとの協働によるドローンを活用した赤土対策に向けたドローンの購入と
 赤土対策グリーンベルト植栽活動や環境学習等の費用に活用します。
【寄付金贈呈式】平成29年7月5日(水)10:00~11:00
【寄付金贈呈式場所】株式会社かんぽ生命保険那覇支店
【寄付金額】100万円
●寄付金贈呈式の様子
IMG_0655.JPGIMG_0648.JPGIMG_0649.JPGIMG_0654.JPG記事-2.jpg

●東村立 有銘、高江小学校合同出前講座の実施

 沖縄県環境部環境保全課 平成29年度赤土等流出防止活動支援事業による委託業務の一環で、東村立有銘小学校3~6年生
 18人、高江小学校3人を対象に出前講座を行いました。
 出前講座は、東村地域の赤土等の大切さと地域自然、農業・漁業、くらしとの関わり、赤土等流出防止対策の地域の活動を学習し、環境
 保全活動と東村地域の将来を考える環境学習となりました。 
【日 時】平成29年6月30日(金)10:40~12:20 3校時~4校時
【場 所】東村立 有銘小学校多目的室
【対象学年】東村立 有銘小学校3~6年生18人、高江小学校3人
【参加人数】 生徒21人、先生4人、事務局等5人(東村農業環境コーディネーターほか)
【運営事務局】株式会社 沖縄環境保全研究所
●出前講座の様子
DSCF0374.JPGDSCF0370.JPGDSCF0378.JPGDSCF0360.JPGDSCF0362.JPGDSCF0397.JPG

●今帰仁村立 今帰仁小学校出前講座の実施

 沖縄県環境部環境保全課 平成29年度赤土等流出防止活動支援事業による委託業務の一環で、今帰仁村立今帰仁小学校4年生
 48人を対象に出前講座を行いました。
 出前講座は、今帰仁村地域の赤土等の大切さと地域自然、産業、くらしとの関わり、赤土等流出防止対策の地域の活動を学習し、環境
 保全活動と農林水産物が豊かな今帰仁村地域の将来を考える環境学習となりました。 
【日 時】平成29年6月28日(水)9:40~11:25 2校時~3校時
【場 所】今帰仁村立 今帰仁小学校理科室
【対象学年】今帰仁村立 今帰仁小学校4年生
【参加人数】 生徒48人、先生2人、関係者10人(今帰仁役場、恩納村役場等)
【運営事務局】株式会社 沖縄環境保全研究所
●出前講座の様子
DSCF0311.JPGDSCF0312.JPGDSCF0314.JPGDSCF0340.JPGDSCF0299.JPGDSCF0303.JPG

mail_bana.png